PR
Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
リンク
FXスキャルピング手法 FX初心者必勝法 無料 被リンク
Recommend
New Entries
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    Multi Logic Interaction FX System-MLI 二宮 元太郎
    0

      Multi Logic Interaction FX System-MLI 

      Multi Logic Interaction FX System-MLI 



      下記のサイトで購入すると最大4500円引きになります!
      Multi Logic Interaction FX System-MLI




      このEAの特徴は、各ロジックが単独でエントリーやクローズを判断してポジションをとりますので、例えば、4つのロジックのうち、採用したいロジックだけを稼動させる事も出来ます。
      アジア時間は日本のサラリーマンは相場を見ることは出来ませんので、夕方からの相場にエントリーを開始するSystem_1のみを稼動させたり、そのとき間帯に「相場を見ることが出来ないから不安だ」という方は、前日相場を参考にして主にアジア時間にエントリーをするSystem_3を除外する、等のようなことができます。
      各ロジックを単独で運用してもパフォーマンスは堅調に推移しますので、お好みの戦略、もしくは相場状況に合わせて切り替えて使用される等、いろいろな使い方が出来るEAでもあります。

      Multi Logic Interaction FX System-MLI

      次に、4つのロジックについて、一つずつご説明します。

      1.欧州時間エントリー型ブレイクアウトシステム
      MLIは欧州時間を狙ったブレイクアウトシステムを搭載しています。
      アジア時間は出来高が少ないために揉み合い相場となる可能性が高いのですが、一転して欧州時間は一日のうちで4〜5割程度の取引が行われますので、トレンドが発生するような力強い相場となります。
      この時間帯では、前日〜当日アジア時間の高値安値を参考にしたブレイクアウト戦略が有効で、MLIのSystem_1は夕方からのエントリー設定としています。
      ただし、ブレイクアウトでのエントリーは不利なポイントでのエントリーとなる場合が多いですから、マクロトレンド方向にエントリーする為に、一旦押した所でエントリーするようにフィルタリングしています。
      また、騙しが多いのもこの時間帯の特徴ですから、損小利大を想定した損切りポイントを設定しています。
      したがって、バックテストによれば勝率は4割程度と言う事になりますが、勝ちトレードのときのポイントが負けの時のポイントを圧倒しますので、トータルでは勝てるロジックとなります。
      このシステムを単独でバックテストすると、階段状に利益が伸びていくパフォーマンスとなります。

      情報商材レビュー


      2.フルタイム型ブレイクアウトロジック
      FXに限らず、株や商品でも同じですが、相場の値動きは出来高が多い時に増幅する傾向にあります。
      為替取引の世界では、一日の出来高が一番多いのが、欧米が昼間の時間帯です。
      日本時間で言うと、夕方から夜にかけてとなります。
      マエストロFX マエストロFX マエストロFX
      しかし、グローバル経済が進んでくると、世界各地で何らかのサプライズが発生すると、時間に関係なく相場が動くようになっています。
      事件、事故、災害等はいつ発生するかは分かりませんし、グローバル経済によって、各国の経済格差が縮小してきましたので、相場がどんな時間でも大きく動く傾向になりつつあります。
      いつ発生するか分からない相場ですから、それに対応するロジック(System_2)をMLIにも搭載しています。

      FX自動売買ソフト

       

      3.リバースロジック
      大きなトレンドが発生した日の翌日は、反発相場となる確立が高まります。
      Multi Logic Interaction FX System-MLI Multi Logic Interaction FX System-MLI Multi Logic Interaction FX System-MLI【4つのタイプの売買ストラテジーであらゆる相場に適応する自動売買複合システム】
      為替相場を動かす要因は様々ですが、例えば暴落トレンドにある中でも、ポジション調整による一時的な反発となる場合はかなりの頻度で発生します。
      また、懸念材料を払拭する要人のサプライズ発言等も飛び出す場合もありますので、中長期的な一方的に隔たった相場が継続する事は余り御座いません。
      リバースロジックはその一時的な反発を狙った、又は一時的な調整を狙ったポジション取りを行います。
      参考となる前日の値動きはアジア時間早朝からの24時間としています。
      したがって、リバースポジションのエントリータイムはアジア時間早朝の数時間としています。


       

      posted by: fx-system-mli | Multi Logic Interaction FX System-MLI | 14:36 | - | - | - | - |